営業代行の概要

営業代行とは

 営業代行とは、事前準備からクロージングに至るまでの営業過程全般又はその一部、あるいは営業部門
 のマネジメントのみを外部委託(アウトソーシング)することを言います。

 自社の商品やサービスは良いものなのに、売れない、売り方が分からない。
 競合製品がたくさんあり、価格面だけのアピールで終わってしまう。

 営業代行会社は、クライアントに最も適した営業戦略と営業のプロの豊富な実績に基づくノウハウで、営業
 を強力にサポートしてくれます。

 

営業に関する問題点

1. 採用・教育

 良い人材が見つからない、採用できない
 採用してもすぐに辞めてしまう
 営業マンが育たない。上手く教育できない
 キャンペーンなど期間限定で営業マンがほしい

2. 営業スキル

 新規開拓に苦戦している
 ロジカルな営業戦略を立てられない
 営業行為以外に時間が取られている
 数字に追われる日々が続き疲弊している

3. 営業組織

 クライアント数に対する営業リソースが足りていない
 新人営業担当者とトップ営業マンが同じ業務をしている
 営業マネージャーに管理能力がない
 営業戦略を立案する部署がなく、全て現場の営業担当者任せになっている

4. 営業支援

 営業以外に時間が取られる
 セミナーや代理店制を利用した新しい販売のやり方が分からない
 何年も同じ営業ツールを使っていて改善されていない
 ホームページから集客したいがやり方が分からない

 

当サイトの無断転載、内容・構成・デザインの無断コピーを禁じます